会長挨拶

全国盲ろう教育研究会
会長 中澤恵枝(なかざわめぐえ)

「全国盲ろう教育研究会」は、2003年に発足した目と耳の両方に障害を併せ有する「盲ろう児・
者」の教育及び福祉に関わる多様な事柄を研究し、その向上に寄与することを目的とする、日
本で初めての全国的な研究会です。会員は、盲ろう教育にかかわる学校教員だけでなく、盲ろ
う当事者、盲ろう児・者の家族、盲ろうの療育・リハ・医療・通訳介助等にかかわる専門家およ
び研究者等、盲ろう児・者の教育と福祉に貢献し、情報を分かち合う意欲のある人々を対象と
しています。会員の多様性と地理的多様性は、研究活動を豊かにする原動力になると考えて
います。
 「盲ろう者」は、2001年厚生労働省身体障害者実態調査によれば、全国で13,000人いると推
定されています。盲・聾・養護学校等に在籍している盲ろうの幼児・児童・生徒に限定すると、
338人が1998年の国立特殊教育総合研究所の実態調査によって特定されています。重度の
情報・コミュニケーション障害をもたらす盲ろうは、特有なニーズがあり、特有の配慮が求めら
れます。
研究会は、夏の研究協議会や研究紀要を通して、全国各地で積み重ねられつつある盲ろう児
者への支援の実践や研究の報告を行い、情報や新しい試みを分かち合い、盲ろう児者の教
育と福祉へ貢献してまいりました。
 一人でも多くの方々のご参加を、心から期待しております。
(2006年6月5日)